費用の確認

診察室 2

歯科治療は費用がかかるもの・高額なものと認識している方は多いものです。たとえば、内科をいわゆる風邪の諸症状で受診した際は、基本的には健康保険の適用範囲内での診察が行われます。初診でなければ数百円の支払いで済むことも珍しくはありません。一方で、虫歯や歯周病など口腔内の異常を感じ歯科医院を受診した場合は、一度の通院で数千円単位の費用がかかることもあります。なぜなら歯科治療においては自由診療が用いられる頻度が高いからです。自由診療とは健康保険の適用範囲外のものを差し、治療費が全額自己負担となります。虫歯と一口に言っても、歯科医院を受診するころにはすでに深刻化しているという例も多く、より高度な治療が必要になるケースも多いといいます。こうした理由もあって、歯科医院では自由診療が用いられることが多く、結果として費用が高くなるのです。

自由診療であるのにはそれなりの理由があります。たとえば、歯の状態からやむを得ず自由診療が選ばれるということもあれば、診療後の見た目がきれいであるという理由で医師から勧められることもあります。近年ではそうした治療法および治療費についてあらかじめ患者と共有すべきであるという考え方が広まりつつあります。これからどういった治療を行い、それに伴う痛みや治療時間、さらには治療費がいくらかかるのかといった点について予め患者と共有しておくことで、患者も安心してまかせることができますし、医師から見てものちのトラブルが回避できるというメリットがあります。一方で、中には報酬のために自由診療を多く採用するという悪質な医師がいることも事実です。そのため、自ら積極的に治療法や治療費について確認する習慣をつけておくと安心です。治療した歯は元の状態には戻せませんし、トラブルを防止にも効果があります。